自分は転職に向いているか、確認したい人へ

新卒で入った会社を何年かして辞めてしまう若者がいます。最初に入った会社が第一希望の会社でなかった。それなので3、5年してからセカンドチャンスで自分がほんとうに希望していた会社や職種に挑戦したいという人も少なくありません。
中高年でも自分の会社が業績不振の中でこれまでのスキルや経験を活かすことができない、スキルを活用できないとなった場合にチャンスがあればもう一度転職に挑戦してみたいと思うのは自然の流れです。

過去にはひとつの会社を勤め上げることができないのはマイナスイメージの時代もありました。会社が決めることえを優先して自分の考えや希望というものを後回しにせざると得なかった時代です。

グローバル社会の中で転職というものがポピュラーになり人材の流動化を企業も希望しています。リストラというネガティブな現象だけではなくて会社としても若い人にチャンスを与えていくことによってビジネスの現場を活性化させていくということが当たり前の世の中になっています。
こうした中で誰もが自由に転職活動をおこなってもいいものとは考えますが、厳しい言い方をすれば自分が転職という変化を選らんだのであれば結果に対しても自分が責任を負わなければならないです。
転職社会では結果に鯛s手自分がどのように受け入れることができるのか、このあたりの考え方を整理していくのが大きなポイントです。
というのは変化を起こすというのはリスクを伴います。相手に言われたことが文字どおりそうではなかった、つまり話しが違ったなどということがあるかもしれません。
それも含めて総合的に自分が判断してリスクをとり変化を起こすのが転職であり、新しい環境で成功していくためには、過去にやってきたやり方を踏襲していてはなかなかうまくいきません。

現実問題として転職に向く、向かない人というのはいると思います。転職社会を向かえ全ての人が転職に向いているのか?転職に向き合えるのか?というのは個人差があります。

では、転職に向く人と向かない人というのはどういう人なのでしょうか?

転職に向く人
柔軟な感覚を持っている
自分をすぐにでも変えられる
他人を受け入れられる
いとんな価値観に興味を持つ

このような性格の人は比較的転職に向いています。
新し物好きであるということは環境が変化して何か不利なことがあったとしてもそのことをそれほどネガティブに捕らえない傾向があります。要するにマイナスの側面よりもプラスの側面を見れるタイプです。
細かいところは気にせずに本質的におおまかなところが満たされていればOKであるという思考の人は転職に向いています。

転職に向かない人
自分が聞いていたことと話が違うとそこでいったん立ち止まってしまう人
緊急事態が起きたときなんとか自分の力で乗り越えようという人ではない
与えてもらえると思ったことが与えてもらえない

こういう人は転職しても苦労することが多いです。
新しい環境というものは想定外のことが非常に頻繁に起こるものです。今までつきあってきた人と違うタイプの人も新しい会社には居ます。そして自分自身が長年築いてきた信頼関係、キャラクター、性格というものがまわりの人にわかってもらえているかというと難しいです。
ですから物事を受身で捉えてしまう人というのは転職活動をして新たな転職先にいけたとしてもなかなかうまく立ち上がれないというジレンマに陥ります。

こういったことは、転職回数が多い人の過去の退職理由を聞いているとよくわかります。こういった人はだいたい共通の退職理由を持っています。代表的な例では、
「聞いていた話と違う。」
「死後の内容が転職前に比べて変わっていってしまった。」
「自分が慕って会社に入った上司と違う上司が上についてしまった。」
「思うように給料があがらない。」
など、こういったことが目立ちます。

ですから転職に向く向かないを自分で冷静に考えてみることが大切です。転職はすること事態は自由ですが、それが自分にとって向いているのか、向いていないのかということを他人の目で見つめてみたり他人のアドバイスを聞いてみるということがとても大切なことです。

変化を起こして一歩踏み出すということは、そこには大きなリスクがあるということです。そのリスクをとっるということは、その結果とも正面から向き合わなければならないことなので、そこの覚悟ができてこそ初めて転職活動に踏み出すのが良いです。

ワークポート評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です